1977パンクロック研究所

アクセスカウンタ

zoom RSS エルヴィス・プレスリーを検証 ≪第一回目≫

<<   作成日時 : 2005/07/10 18:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
エルヴィス・コステロじゃなくてプレスリーです。

今日は何故かエルヴィスいってみます。なぜ1977パンクロック研究所がエルヴィスかというと。エルヴィスが最高のパンク野郎だからです。

写真はエルヴィスの記念すべき1stアルバム「エルヴィス・プレスリー登場!」

このスリーヴ写真のちにThe Clashがアルバム「ロンドンコーリング」でパクるんですよ。しかもプレスリーがギターを抱えて歌っているのに対しロンドンコーリングではギターを床に叩きつけてる写真。おそらく過去を破壊してる・・・とかそんなメッセージがあるのかな?


セックスピストルズのスティーブ・ジョーンズはこう言ってます。『「勝手にしやがれ!!」のアルバムのレコーディングは楽しかった。深夜、ギターのダブの最中に、ラジオからエルヴィス・プレスリー死亡のニュースが流れたのを覚えている。悲しくなかった。早くギターのダブをやろうと思っただけ。誰もエルヴィス・プレスリーに構っちゃいなかったのさ、特に俺たちはね。』

スティーブ・ジョーンズのこの言葉から分かるように、キングオブロッカー・エルヴィスは1977年に死去、同じ年ピストルズがアルバム「勝手にしやがれ!!」を発表。1977年にエルヴィスとピストルズは宇宙的な取引をした・・・ということにしよう。










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ジェームスバートンはやりよりますね〜彼こそがテレキャスの第一人者です!若い諸君ぜひ聞けといった感じ。そういう意味でもクラッシュと因縁がある…というのは強引すぎる?
夜勤ウルフ
2005/07/11 03:56
コメントありがとうございます。テレキャス第一人者ジャームスバートンがキング・オブ・ロッカーエルヴィスを支えていた・・・は大げさな話でもない。確かパンク畑からでてきた、エルヴィス・コステロのアルバムにも参加しているんだよね。1977パンクロック研究所は今後ジャエームスバートンも調査していきたいと思います。
所長
2005/07/11 18:12

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
エルヴィス・プレスリーを検証 ≪第一回目≫ 1977パンクロック研究所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる