1977パンクロック研究所

アクセスカウンタ

zoom RSS これぞ、1977パンク!「The Nipple Erectors」

<<   作成日時 : 2005/07/15 22:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

「パンクロックムービー」っていうスゴイビデオあるんだけど。

このビデオ初期パンクのライブがたくさん映ってて非常におもしろい。
ビデオのオープニングでThe Clashのホワイト・ライオットにのってはしゃいでる生きのいい奴。

こいつがバンドのボーカルSHANE MAcGOWAN(シェーン・マクゴワン?読み方いまいち分かりませんので以後シェーンにします)なんです。

このバンドシェーンがいなければただのバンド。けどシェーンがいるために、洒落になんなくなっています。

で、どこが洒落になんないかというとルックスです。

ルックスって1977パンクロック的に大きな要素を占めていて、ルックスがまずいといくら音楽がよくても評価が落ちます。

ボーカルがパンクなら曲もパンクに聞こえますし、ボーカル野暮ったかったらパブロック等全然違うジャンルになってしまいます。

基本的にロカビリーっぽいんだけどシェーンのせいで明らかにパンクになっています。しかもおもいっきり1977パンク。

1977パンクロック研究所では、The Nipple Erectorsはルックスと声でパンクしてた偉大なバンドということにしたいと思います。

とにかくカッコいいんでぜひ聞いてみて下さい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
これぞ、1977パンク!「The Nipple Erectors」 1977パンクロック研究所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる