1977パンクロック研究所

アクセスカウンタ

zoom RSS 世界に誇れるフリッパーズ・ギター

<<   作成日時 : 2005/08/14 18:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 4

画像
どうも、1977パンクロック研究所の所長です。
今日はまったく個人的な趣味です。

たまにはいいでしょ。

●フリッパーズギター

まぁフリッパーズギターに関しては超専門の人とかいるから私なんかの
知識では物足りないと思いますし、間違ってるかもしれませんが・・・
とにかく好きなんですよ。

小沢健二と小山田圭吾がやってた伝説のバンドです。
誤解を承知で言うとこれはパンクといってもいいし、ビートルズやビーチボーイズに匹敵する日本が世界に誇るバンドといっていいのでは?
ちょっと前本もでてましたよね。「フリッパーズギターは日本のセックスピストルズ・・・」とかいうの。
中身読んでないし、本屋でチラッと見ただけで内容は知らないですけど。決して大げさとも思わないです。

1stは全曲英語で、カタカナ英語の歌い方はあまりウマイとはいえないんですが・・・
「歌はうまけりゃいのか?」って話ですよ。英語の発音ウマイ奴なんて沢山いますよ!
このアルバムには「俺達に文句あるか!!」「音楽業界なんてクソッタレだぜ!」「俺達は音楽のエリートお前らとは違うぜ!」って聞こえます。
とにかく才能が詰まってます。曲は今聴いても申し分ないし。

セカンドはレコード大賞で「新人賞」をとったアルバムです。
このときのインタビューで「とって当たり前」みたいな発言をし和田アキコを怒らせたらしく
その後の集合写真に呼ばれなかったらしい。

サードアルバムの「ヘッド博士の世界塔」は洋楽のロックファンの方にぜひ聴いてもらいたい、これ聴いてどう思うか感想聞きたいです。ちなみに私は夜寝る時よく聴きます(笑)

彼らは業界のタブーである他のアーティストの悪口を平気で言ったりして私達を楽しませてくれました。相当嫌われていたとも思います(笑)

「読売新聞社」のコメント
「プロ意識を欠く行為」
ポップデュオのフリッパーズ・ギターが全国公演を前に突然解散した。
料金の払い戻しているが、ミュージシャンとしては無責任な行為だ。
彼らが所属するポリスターレコードなどの話を総合すると、異例の解散の
理由は「二人の仲たがい」らしい。それも、音楽的対立というより、
「感情のもつれ」という見方が強い。
二人については、以前から態度面で好ましくない声を聞いた。
ある関係者は「本人たちは、音楽好きがたまたま有名になったという
感じで、プロの自覚に欠けていた。甘やかしすぎた」と反省してる。
音楽的にはいいものを持っていただけに残念だが、二人には
最近の若者に見られるおごりと、社会に対する
甘えがあったのではないか?(読売新聞11月19日夕刊より転載)

カッコいいぜ!フリッパーズギター!

画像
よかったらクリックして下さい♪



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
フリッパーズ・ギター ファンにつけるブログ
1987年、ファッション誌に載った小山田圭吾にいきなり「バンドをやろう」と井上由 ...続きを見る
堂島孝平ファンにつけるブログ
2005/12/18 13:35
iPodを踏んづけてしまった
iPodが壊れた・・・ ...続きを見る
1977パンクロック研究所
2006/06/01 16:13

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
読売新聞の記事、懐かしい・・・

>音楽的にはいいものを持っていただけに残念だが
おまえ、わかってんのかよ!って本気で思いましたね、当時。
解散については、新聞だけでなく、ロッキング・オンなどの業界誌にも批判的な意見が載ってて、個人的にはその記事がロッキング・オン購読をやめるキッカケにもなりました。
彼らのアルバムは3枚ともそれぞれ違った個性がありますが、どれも最高です。もちろん、シングルも。
カナ
2005/08/16 03:02
こんばんわ。
カナさんのフリッパーズギターへの気持ちよく分かります。ロッキング・オンで批判的な意見書いた人とか今では後悔してるんじゃないでしょうか・・・
彼らを批判するのはロック的にヤバイと思うんですけど(笑)
所長
2005/08/17 00:13
フリッパーズ・ギターホントいいですよね♪
だんすまん
2005/09/25 23:02
だんすまんさんコメントありがとうございます。
フリッパーズ・ギターって今聴いても全然いけますよね。いつまでも語りつがれて行くのではないでしょうか。
また遊びに来て下さい。
所長
2005/09/26 14:59

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
世界に誇れるフリッパーズ・ギター 1977パンクロック研究所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる