1977パンクロック研究所

アクセスカウンタ

zoom RSS THE CLASH 白い暴動

<<   作成日時 : 2005/11/09 02:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 4

画像
1977パンクロック研究所が今夜皆様にお贈りするバンドは
THE CLASHの1stアルバム「白い暴動」です。
それでは・・・
レッツ!!ゴォォォォォォォォォォォォォォォー!!!!

●THE CLASH

所長(以下所):クラッシュいってみようか。
レッド研究員(以下レ):第2弾ですね。

(爆音で「JANIE JONES」を聴く)
所:♪ヒズ ロー ウィー ロックローウォール!! ヒズ ロー ウィー ゲリ ソンウォー!!

レ:ゲリ ソンウォー(笑)

所:最後の♪セプテンバー!セプテンバーアーアーアー・・・って聴こえない?タモリ倶楽部出そうか!
レ:んー空耳と趣旨が違うような・・・

所:まぁいいや、このアルバムの細かな説明はいらないな。とりあえず1st聴いた時どうだった?
レ:「ロンドンコーリング」やベスト盤から入ったので「おおスゲー」とまでは思わなかったですけどパンクの中ではかなり聴きやすくて駄曲がないと思いました。
所:そうそう、駄曲ないよね。全てがパンクとして完璧だと思う。録音状態とかもパンク的に素晴らしいし。
レ:これがパンクじゃないですか?
所:うん、これぞパンクだよ。

レ:ジョーの声大好きです。
所:いいよね。これもまたパンクとして完璧。

レ:どの曲が好きですか?
所:俺が好きな曲はねー・・・んーどれかなぁーみんな好きだな、選べないって(笑)
レ:僕も所長と同じでみんな好き、でも強いて言えば<spanstyle=color:#00c>「反アメリカ」
所:おー!!


「爆音で(反アメリカ)を聴く」

レ:「あ〜そ〜ぼ〜U!S!A!」って聴こえるから(笑)
所:聴こえるよ!タモリ倶楽部出そうよ。
レ:これをですか?使えないですよ〜


「爆音で(出世のチャンス)」

所:あっ「出世のチャンス」が大好き!もう最高だよ!♪キャリーオピュティニザワナネバノッ!
レ:よく言えますね・・・


「爆音で(ペテン)」

所:♪チィッ!チィッ!ここがいい!
レ:はは(笑)


「爆音で(反逆ブルー)」

所:ミックまでも歌うからクラッシュはズルイ!
レ:♪ジョニー!ジョニー!
所:いいねー
レ:歌ってしまった・・・

所:ジャケの3人いいよね。
レ:左のポール・シムノンはシドと同じぐらいカッコいいです。
所:ルックス的にはパンク界3指に入るね。
レ:白黒がいい味出してて3人ともスゴイ目つきだし。
所:「決めたぜ!」て感じ。
レ:はは。

所:「白い暴動」はパンクの原点だと思う。パンクという音楽を形付けたアルバムで、ピストルズの「ネバーマインド」より解かりやすかったと思う。ダムドの1stと同じで、俺はこのアルバムをパンク知らない人にこれがパンクだよと伝えられる教材と思ってる。このアルバムが運命の分かれ道だよ。だめだったら、「はい、さよなら!」
レ:ほんと、第1弾でも言ったけど(笑)
所:クラッシュについてはこれからも、ちょくちょく取り上げていきます。
では今日はこれまで。


画像
よかったらクリックして下さい♪










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
1977年、ロンドンは燃えていた。2005年、ロンドンは・・・
今夜のBGM・・・ THE CLASH / THE CLASH ...続きを見る
音楽酒場
2005/11/11 05:27
今年最後の研究所
いよいよ今年最後の記事となりました。 今年の記事を振り返ってみたいと思います。 ...続きを見る
1977パンクロック研究所
2006/05/14 23:31

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
クラッシュの1stも「これぞパンク!」ですが、

所長さんの文章が一番パンクです(笑)。
カナ
2005/11/11 05:29
文章がパンク(笑)
自分にとって褒め言葉です!
ホントはもっと研究所らしくと思っているんですよね(笑)
クラッシュ一生聴き続けるぞ!
所長
2005/11/11 17:53
London Callingは割ってしまいましたが1stと2ndは良いっ(*`◇´*)!!

まず何唄ってんのかてんで判らない発音でしょう(笑)

当方日本のThe Star Clubから入ったのでThe ClashのシャウトとNew York Dollsの楽曲はニンマリしながら聴いたものでした。

London CallingはNGですがLondon's Burningは最高です!

ちなみにアメリカ盤はPearl Harborで選曲が変わっていて、友達と交換しながら聴いたものですが。

もっとも。アメリカ人にもこの英語は聞きとれないでしょうけど(-"-;)

歌詞聴きとれなくてもtitleが“白い暴動”なだけで充分punkなんです。

そう言えばアメリカなのにPatti Smithも歌詞聞きとれなかったんですよねぇ学生当時●~*
やまchan
2009/03/07 21:23
この英語は分からないし、最初何かアジア系の言葉かと思っちゃいました(笑)
これはもろパンクですからね、なんたってこのチープな音が商業的じゃなくてたまらないです。ロンドンコーリングはこれとは対極に位置するアルバムですから売れたし、やまchanさんも割ってしまったんでしょうね。
所長
2009/03/09 00:13

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
THE CLASH 白い暴動 1977パンクロック研究所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる