1977パンクロック研究所

アクセスカウンタ

zoom RSS 研究所が「PiL 日本 '83」を分析する

<<   作成日時 : 2006/02/10 22:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 9

どうも、どうも、
1977パンクロック研究所の所長です。

私、所長がインフルエンザの為研究所は隔離状態!!

立ち入り禁止です。

治るまで、暇になってしまった(笑)
・・・のでDVDをよく観てます。

夕陽のガンマン」「続・夕陽のガンマン」おもしろいな〜何回も観てます。

映画のブログじゃないんで、マカロニウエスタンは置いといて、今日はPiLです!!


●PUBLIC IMAGE LIMITED

PiL 日本 '83
画像



あっPiL知らない人いますよね、簡単に言うとセックス・ピストルズ解散後にジョニー・ロットンが本名ジョン・ライドンに戻し(確かマルコムと裁判中で名前使えなかったのかな?)つくったバンドです。

83年といえば時代はニューウェーブ。世間一般にはパンクはすでに終わっています。
「パンク」って言葉自体死語だったと思います。
それを捉えて観ると、おもしろいんですこの映像!



映像は、LAのライブと中野サンプラザの映像が混ざっています。

<顔を白く塗っているファン>
えーとですね、観客の中に顔を白く塗ってる人がいます。
なんかスージー&ザ・バンシーズとかと間違ってるですかね?パンクと言えば化粧!と思ってやったんでしょう。それか、THE ADICTSを真似たのか?
う〜ん、謎です。

<金髪のパンクス?>
それとですね、スゴイ髪型の人がいますね〜もしかして有名人?
金髪でライオンのタテガミみたいな、これはパンク?


<ファンとジョンの壁>
映像ではジョン・ライドンはすでにパンクを脱却しているのに、日本のファンはピストルズをイメージして、パンクのライブを求めて観に来たのが窺えます。
そりゃ求めますよ。
しかし、内容はとても友好的な楽しいライブ、とてもパンクではありません。


<ジョンのファッションとパフォーマンス>
このころのジョンはまだカッコいいですが、
ピストルズ時代のように何を着ても様になり、どんな表情しても絵になると言うにはちょっと無理が出だしています。

アルバム「サイコパス」発売時のビデオクリップや再結成のピストルズのジョンはもうアウトです(笑)


パーティー会場で日本人と無邪気に踊るジョン・ライドン、
私は少し無理をして違う自分を出しているんだなぁという違和感を感じました。


<一番の見所>
秋葉原原宿を歩くジョン・ライドン、国鉄から降りてくるジョン・ライドン。
昔ジョンが「日本人は蟻だ」といってましたけど、この国鉄のシーン観るとそうかもな〜と感じてしまいます。みんな同じような格好で同じ方向に歩いていきます。

画像


ライブ映像もいいですけど、日本の街と異様な異国人のミスマッチこういうシーンが私には印象的でした。


画像
よかったらクリックして下さい♪







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「確信犯」ジョン・ライドンの脱ロックなアプローチに踊らされるわたし
今夜のBGM・・・ P.I.L. / FLOWERS OF ROMANCE ...続きを見る
音楽酒場
2006/02/14 01:33

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
「PiL 日本 '83」!!
なんともストレートなタイトルですね。

パーティー会場で日本人と無邪気に踊るジョン・ライドン、見てみたいです。
それにしても「日本人は蟻だ!」って・・・
ううう。「日本は洗い桶」って歌詞もありましたね〜
帯尾図
2006/02/11 08:41
帯尾図さんこんばんは!
ライブ映像よりも、普段のジョンを観る方が楽しめます。
83年の日本人のファッションも観察してると楽しいですよ(笑)
「日本人は蟻だ」発言はその後付け足しで、「悪い意味で言っている訳ではない、日本人は規律がしっかり取れていて、同じ事をやれと言われればみんな一斉にやる。これは日本人のいいところだと思う」←(確かこんなニュアンス)とか言っていたと思います。
所長
2006/02/11 19:40
この頃のジョンとファンのギャップは、よく言われることですね。
「パンクじゃなければどんな音楽(バンド)でもいい」・・みたいな発言をしていたような・・・カッコいいです。
が、「蟻発言」でフォローされても困りますね(笑)。そのまま「日本人!せかせかしやがって!」とかけなされたかったかも。。。
ママロック
URL
2006/02/12 01:54
ママロックさんこんばんは。
「蟻発言」確かにストレートにけなされた方が気持ちいかもしれませんね(笑)
ジョンの性格って本当はどんななんでしょうかね?この来日の時でもすでにオリジナルメンバーはジョンのみ。
う〜ん皆が離れていってしまう性格なのかな?
所長
2006/02/12 03:16
こんばんは。
インフル完治良かったですね。

>「夕陽のガンマン」「続・夕陽のガンマン」おもしろいな〜何回も観てます。

サントラも持ってます。

昔書いたPiLの記事、TBさせていただきま〜す。
カナ
2006/02/14 01:30
カナさんサントラ持ってんですか!
私は、「夕陽のガンマン」はもってますけど「続・夕陽のガンマン」は持ってません。続の方がカッコいいですよね(笑)
マカロニウエスタンって音楽も含めて全てが抜群のエンターテイメントだと思います。といってもこの二つのガンマンシリーズしか知りませんが・・・
やっぱカナさんはスゴイですね(笑)
あーまた観たくなってきた!
所長
2006/02/14 22:00
この頃私はもう田舎に帰ってました。
友人は当然行ったんですね。クラッシュの初来日も。原宿のホコ天、当時ローラー、竹の子の中に突然ストラマーが現れた話は本当らしいですね。
43
2006/10/20 21:43
原宿にストラマーが来たんですか、当時竹の子族見てストラマーはどう思ったんですかね。
所長
2006/10/21 22:04
竹の子族よりもローラーに興味を持ったでしょうね。ロンドンのTeddy boys(Teds)は凄くカッコいいですしね。Rockers(族?)Skin heads(少年ヤクザか右翼?)Mods(サーファーかな?)
日本との温度差はかなりありましたが若者は今以上に元気でしたよ。
43
2006/10/22 21:50

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
研究所が「PiL 日本 '83」を分析する 1977パンクロック研究所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる