1977パンクロック研究所

アクセスカウンタ

zoom RSS カート・コバーンがっかり・・・「サンディニスタ!」

<<   作成日時 : 2006/03/22 00:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 8

大好きな曲が入っているアルバムです。

画像


●THE CLASH/SANDINISTA!

所長(以下所):サンディニスタ好きだっけ?

レッド研究員(以下レ):少しだけ聴いたけど訳がわかんなかった。

所:だよね、それが普通だと思う。
レ:よくわかんなかった。

所:ニルバーナカート・コバーンパンクという音楽を聴きたくて、図書館でこの「サンディニスタ!」を借りたんだけど、がっかりしたらしい(笑)

レ:これを最初に聴いちゃマズイでしょ(笑)
所:うん、だってダブとかレゲエだもの。

レ:これクラッシュの実験作とか言われてましたっけ?

所:そう、実験作とか問題作とかは疑った方がいいかも。

レ:「〜の問題作」とかありますよね。そういうのは確かにダメなの多いですよ(笑)

所:しかしだね、ここでレッドみたいに諦めたらダメ、このアルバムはクラッシュの最高傑作とも言われているだよ。
レ:へ〜
所:いい曲が詰まってんだよ、実は。



(「7人の偉人」を聴き始める)</
strong>

<
strong>所:
これだよね、まず。
レ:あっこれは知ってますよ。


(「ヒッツヴィルU.K.」が流れ出す)

所:これはカヴァーか・・・でもいいね。

レ:こんなのクラッシュじゃないですよ(笑)


(「老いたイングランド」を聴く)

所:この辺はシングルにしてもいいと思う。ミックジョーが入れ代わりヴォーカルを取る。
ほら!ここからジョー、ここが最高!

レ:う〜ん。まあまあかな。所長の「最高」の基準がよく分からない・・・
所:ほら、この辺いいじゃん!
レ:う〜ん・・・


(「誰かが殺された」が始まる)

所:うん最高!昔歌詞の内容とか曲名知らなくて、犬が吠えてて犬と戯れた爽やかな曲だと思ってた(笑)
レ:実は「誰かが殺された」という題だった(笑)




所:よし、俺の大好きな曲を教えよう!
レ:はい。


(CD2枚目に換える)

所:これ聴いてくれ!
レ:もしや!

所:「出世のチャンス」を子供が歌ってるやつ。

レ:やっぱり!
所:泣くでしょこれ!
レ:どうして?
所:子供達ヘタッピなんだよ。
レ:確かに下手だけど、泣けるというか笑える。

所:音程あってないし、ズレズレだし(笑)

レ:面白い。
所:俺は笑えるし、感動する。「もっと皆合わせろよ」って言いたい(笑)
レ:最後の「OH!NO!」がカワイイ。
所:やっぱこのアルバムは問題作であり最高傑作でもあるの納得でしょ?
レ:問題作ではあるけど、最高傑作では・・・

画像
よかったらクリックして下さい♪


サンディニスタ!(紙ジャケット仕様)




サンディニスタ!(紙ジャケット仕様)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
クラッシュ版「ホワイト・アルバム」なんです。
今夜のBGM・・・ The Clash  /  Sandinista! ...続きを見る
音楽酒場
2006/03/22 23:37

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
 発売当時はレコード3枚組という、挑戦的なリリースの仕方で、且つバンド側の契約の失敗も重なり、クラッシュ側は、食うや食わずで大変苦労しているという記事を当時読んだ記憶があります。
「And we don't care」と嘲笑しながら、一瞬で世界をカオスに塗り替えた、ピストルズとは対照的に、クラッシュには一種の不器用な生真面目さがあります。このことがこのバンドの好き嫌いを2分する所以でしょう。
 難解なアルバムですが聞く価値はあると思います。レゲエのヒット曲のカバー「ポリスオンマイバック」は名曲です。歌詞は過激ですが。
T・S
2006/03/22 03:10
私も「サンディニスタ!」が最高傑作だと思ってます! おもちゃ箱を引っくり返したみたいに、いろんなタイプの良い曲がポンポン飛び出してくるんですよね。「老いたイングランド」もいいし、あと個人的に気に入っているのは「政府の指導者」、「チャーリー・ドント・サーフ」あたりです。

カート・コバーンの話は雑誌で読んだことありますが、「図書館で借りた」というところがカートらしいような、らしくないような微妙な感じで、ちょっと笑えました。
耳イヌ
URL
2006/03/22 18:21
クラッシュは絶対1stから聞いた方がいいょ!http://blog.m.livedoor.jp/uki71/index.cgi?sso=19405a4d447070dad06829f70c0c1b5c9b58f1de
ウキ
2006/03/22 22:09
ぎゃはは!レッドさん困惑してるじゃないですか。
いやーこのヘンさ加減が最高ですよ、サンディニスタ!
わたしのブログの最初期の記事で恥ずかしいですがトラバしま〜す。
カナ
2006/03/22 23:36
T・Sさんへ
「ポリスオンマイバック」私も好きです。歌詞見てないんで過激な歌詞とは知りませんでした。「サンディニスタ!」は3枚組みなのにLP1枚の値段と同じ値段にしたいとかクラッシュ側が言ったんですよね。いろんな意味で実験的で挑戦し続けたクラッシュは一部のパンクファンには嫌われていたみたいですね。ピストルズの潔さとは別に燃え尽きるまで挑戦し続けたクラッシュ、それもまたパンクだと思います。
所長
2006/03/23 22:58
耳イヌさんへ
「政府の指導者」は「サンディニスタ!」の中でも聞きやすくてポップな部類にはいりますよね、私もよく聴きました。「チャーリー・ドント・サーフ」いかにも後期クラッシュ!って感じがします。
カートの話、正直カートもカワイイとこあるんだなぁと思いました(笑)
所長
2006/03/23 23:08
ウキさんへ
そうですね、絶対このアルバムから入ったらいけません(笑)
1stから聴いて徐々に後期クラッシュに入って行くべきだと思います。これを最初に聴いてクラッシュにはまる人はいないのでは?
所長
2006/03/23 23:11
カナさんへ
実はこの記事書くときカナさんの記事を一通り読ませていただきました(笑)
普通困惑しますよね(笑)
>このヘンさ加減が最高ですよ
変ですよ絶対、このアルバム。まだまだ聴き続けるべきですね、新しい発見があるはず。
「サンディニスタ!を徹底的に聴く会」でもつくりますか(笑)ちょっと嫌だな・・・
所長
2006/03/23 23:17

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
カート・コバーンがっかり・・・「サンディニスタ!」 1977パンクロック研究所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる