1977パンクロック研究所

アクセスカウンタ

zoom RSS ピストルズの初期音源と間違えられた!?THE PORK DUKES

<<   作成日時 : 2006/04/14 03:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

なぜかピストルズの初期音源と間違えられたバンドです。

●THE PORK DUKES

画像


所長:はい、こんばんは、久々です。

レッド:こんばんは。

所長:今日はTHE PORK DUKESです。

レッド:のジャケットのやつですね。音は聴いたことないです。


所長:ピストルズの前身バンドスワンカーズの音源とか言われてたらしい。

レッド何故?

所長:このアルバムの中にいくつかジョニー・ロットンぽい歌い方してるとこあるんだけど、そのせいかな・・・あっ中の写真これ。

画像


画像



レッド:おえー豚の頭が!

所長:イーターの影響か(笑)

レッド:縞々ズボン(笑)

所長:なんか、LAパンクとかにいそう。

レッド:音聴きましょう。

所長:よし。





(デビューシングル「BEND AND FLUSH」を聴く)


レッド:コミックバンドぽいですね。

所長:軽くて、安っぽくて、インチキ臭い・・だけど上手い!

レッド:あっ写真のルックスといい確かにインチキ臭い(笑)

所長:ステージに豚の頭置いて、このインチキ臭いルックスでインパクト狙ったのかね。

レッド:他の曲は?





(78年の「MAKING BACON」を聴く)


所長:どう?

レッド:あっこれは弾けてていいかも。

所長:このバンド、だいたいアップテンポの曲なんだよ。

レッド:いいかも。上手いですよ。

所長:でしょ。初期パンク好きには人気あるんだよこのバンド。

レッド:へー

所長:評価は?

レッド:いいんじゃないですか?なんかあと一歩飛び出して欲しいと思いました。

所長:そういえば、このバンドスタジオ・ミュージシャンの集まりとか言ってたような・・


レッド:えー!!



画像
よかったらクリックして下さい♪


All the Filth
All the Filth

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
ジャケのセンスが・・・かなり良いですね(笑)。好きです。

ところで、わたしのリンク先のあるブログで、

「ジョニー・サンダースとナンシー・スパンゲンは、政治批判をするパンク・ムーヴメントを恐れたイギリスの支配者層によってアメリカから送り込まれた使者だった。彼らにヘロインをばらまかせることで、わずか数ヶ月でイギリスのパンクロッカーはすべて麻薬中毒になり、結果的にパンクは消滅してより安全なニュー・ウェイブになった・・・」

という内容の書いてある本が紹介されてたんですが、どう思います?
カナ
2006/04/15 01:19
また遊びに来ました。

今回のはジャケもルックスもすごいですね。
あえて芸術性を無視してるところが、初期のダムドみたいですね。
 
ジャケの絵で、壁にかかっている革ジャンと「暴力教室」のマーロンブランドのような帽子がかわいいです。
t.s
2006/04/15 01:45
カナさんどうもです。
なんですか?この本!スゴク興味があるんですけど。
ここに書いてある文をそのまま受け取っていいのかな?内容読まないとちょっと分かりませんが、もしこのまま受け取っていいなら、間違っていると思うんですけど。いくつか矛盾点があります。しっかり書くとこの欄に収まりきらないので簡単に。
@ジョニー・サンダース&ザ・ハートブレイカーズはマルコムがイギリスに来るように声をかけています。
Aその頃のロンドンパンク第一世代でハードドラッグに手を付けているバンドってどのバンドか分からない。いないのでは?ピストルズの解散原因ってジョンとマルコムの対立が原因だから麻薬は関係ないですし。
B麻薬とパンク衰退の因果関係がよく分からない。本には詳しく書いてあるんですかね?
読んでみたいんですけど、なんていう本なんでしょ?
所長
2006/04/17 07:35
t.sさんへ
いつもコメントありがとうございます。
>芸術性を無視
はは(笑)確かに!
この他の当時のシングルのジャケもこんなのばっかなんですよ(笑)
中の写真見たとき日本のビギンのヴォーカルが頭に浮かびました・・・
所長
2006/04/17 07:46
主題は音楽と全く関係ない本で、多分「次の超大国は中国だとロックフェラーが決めた(上)(下)」という本だと思うんですけど・・・。
世界史の重要な転機の影でドラッグが果たしてきた役割について書いてあると思うんですが、詳しくはわたしのリンク先の「偏愛音楽機構」のNAKAさんが書かれてます。

わたしも興味を持ったので、読んでみたいんですが、ハードカバー上下2冊の翻訳本を読むパワーと時間が(笑)。
カナ
2006/04/17 12:21
カナさんへ
「偏愛音楽機構」さんの記事とアマゾンで見ました。なんか、本物っぽい話なんですね。ちょっと怖いです。
ジョニー・サンダース&ザ・ハートブレイカーズ(以下ジョニサン)のところは、ジョニサンがドラッグを持ってきて結果的に一部のパンクロッカー(シド・ヴィシャス)が破滅し、そのシドに憧れてヘロインに手を付けたシド信者のパンクロッカー(ダービー・クラッシュ(アメリカ)、チェインーのベーシスト(アメリカ))が同じ道を辿った・・なら筋が通ります。

マルコムが支配者層と手を組んで、ジョニサンをイギリスに呼んだんなら、話は信憑性あり?

金儲け主義のマルコムはツアーで知名度を上げる為にある程度有名なジョニサンを呼んだとしか思えませんが
所長
2006/04/17 14:47
はじめまして。
研究所という事でココで聞けばわかるかなぁと・・

質問です。
パンクロックって怨霊じゃなかった音量がすごいじゃないですか。どうしてですか?
先日友人のバンドのライブに行きました。
私は音をひとつひとつ聞きたかった。ボーカルの声すら音程すらよくわからなかった。外へ出てからも耳が変でした。

でも、きっとあの音量な何か意味があるんだと何か人々を惹きつける魅力があるのではないかと思いました。結構盛り上がってたし。「うるさい」んじゃないんだ、何かあるんだと思うんです。宜しかったらコメントください。もちろん不快でしたら削除して頂いても構いません。



ビギナー
2006/04/18 14:05
ビギナーさんはじめまして。
コメントありがとうございます。
難しい質問ですね(笑)怨霊じゃない、音量を上げるのは、今ではパンク以外のロックバンドでも多いのかな?
耳をふさぎたくなる行為そのものが、パンクバンドにとって「してやったり」と感じていると思います。またひとつのパフォーマンスなのかもしれません。
音をひとつひとつ聴かせたくない、何故なら人に聴かす程のテクニックをもっていないから、という考えもあります。でっかい音で観客をあっと言わせたい!そんな気持ちもあると思います。実は私もライブであまりにも音がデカイので不快になり途中で出て行ったことがあります(笑)
参考になるか分かりませんが、ギター・ウルフのセイジさんのコメントを載せておきます。

緊張感を音源にパッケージするのは難しくないですか?
セイジ「いや、メーター全部振り切ればいいんじゃないの」
バンドやろうぜ99年2月号より。

所長
2006/04/18 22:46
わかりやすいご回答ありがとうございます。

私はクラッシクで育ちましたが、ロックも好きで中学の頃はクィーンその他有名バンドのコンサートにも行ってました。ってあたし何歳??その後ギターに興味を持ち、当時はかぐや姫などフォーク全盛。フォークを歌いまくり、社会人になってからは音楽から離れた生活です。

どんな音楽でもボリュームが大きい程全身で音の振動が感じられいいですよね。

ただ、パンクロックは大きすぎた!
まさにびっくりしましたw

「パンク」の意味を辞書で調べました。
『度が過ぎて、正常に機能しなくなること』

メーターを振り切るほどの音量いえ「音楽」とあえて言いたいのですが、今自分が壊れるほどの刺激が欲しいと思った時、そんな音楽が必要なのかとも思いました。

いちいち「このハーモニーが」とか「このバイオリンの音色が」とか一切気にしないで音楽を楽しむにはパンクロックが一番なのでは?

ライブへはまた行きますよ☆
年齢はともかく気持ちはお子様なので・・・

ありがとうございました。



ビギナー
2006/04/21 07:03
ビギナーさんこんにちは。
すごいですね、私なんかが対等にお話できないくらいの音学歴!!
実はこういう人とお話がしたいと密かに思っていました。
パンクを聴く若い子達はとにかく刺激が欲しいのでしょうね、大きな音で大人達が嫌がる音、若い時ってそういうのが好きですよね。それがパンクなんですかね?
ライブまた行くんですね!いいなぁ
最近ライブいってないんで・・・
更新の遅いブログですが、また暇な時お立ち寄り下さい。いろいろとありがとうございました。
所長
2006/04/23 11:20
こんにちは!
以前の日記にコメントすいません...

いやぁ...
すばらしいブログですね!
パンクをこんなにも詳しく紹介しているなんて、
ワクワクしてきます。

随分前ですが、某CDショップでこのPORK DUKESのCDが気になって買ってみたら結構良かったので、今ではお気に入りリストに入っているバンドの一つなんです。

でも、PORK DUKESで検索してみても、Googleの日本語のページでは、4サイトしか検索されないんですよね!

その一つが、こちらでした。

こちらでは本当に各バンド、アルバムのことが詳しく書かれていて、時間を忘れてずっと読みふけってしまいます。

私も若い頃はロンドンナイトやパンクイベントがあると朝まで暴れ?まくっておりましたが、今は忙しい毎日で、ライブやイベントに行くことも出来ない毎日です。だから今では家で子供たちとパンクミュージックを聴いております。

また、是非立ち寄らせていただき、今後の我が家だけのパンクイベント(そういうものはありませんが...)を楽しめるアルバム発掘に活かせて頂きます。

では、失礼します。
PORK BITS
2007/06/09 17:20
PORK BITSさんコメントありがとうございます。
読みふけっていただくとは光栄です。
我が家だけのパンクイベントいいですね〜
お子さんとパンクソングを聴くとは凄すぎます(笑)
コメントから察するにPORK BITSさんは今では社会的地位もある立派な大人なんでしょうね。
是非また立ち寄って下さい。宜しくお願いします。
所長
2007/06/10 22:28

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ピストルズの初期音源と間違えられた!?THE PORK DUKES 1977パンクロック研究所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる