1977パンクロック研究所

アクセスカウンタ

zoom RSS Stiff Little Fingers/Nobody's Heroes

<<   作成日時 : 2009/05/09 21:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

スティッフ・リトル・フィンガーズで〜す。
それでは今夜も1977パンクロック研究所にお付き合いヨロシクお願いします。

と、その前に1stアルバムについてのおさらいはこちら♪
「1stアルバム」
それではスティッフ・リトル・フィンガーズの2nd行ってみよう!

●Stiff Little Fingers/Nobody's Heroes
画像


所長:1stやったのがもう2年以上前。
レッド:この研究所もよく続いてますよ(笑)
所長:ホントだよ。
レッド:1stは破壊力が凄かったですけど、2ndはどう思います?
所長:んー破壊力は落ちたかな、ただ他のパンクバンドが2ndにたどり着かないで解散したり、2ndで骨抜きになったりするの考えるとやっぱり実力があったんだね、それを再認識できるアルバム。
レッド:1stは行き過ぎなぐらいな歌い方だったけど、抑えられてますよね。
所長:うん、スピーカーから飛んできそうだったもの(笑)
レッド:でしたね。
所長:80年の作品だから1stから約1年後。パンク自体はは下火になってたからチョッと路線を変えたりするかと思いきやそのまま直球で今回もやってる。ギターが相変わらずジャキジャキしてヴォーカルもがなってるからパンクロックしてんだよね。

(「At the Edge」を聴く)
レッド:アット・ザ・エッジ、所長によく聴かされた・・
所長:ポップだな〜と思って聴いてると途中からパンク丸出しになる(笑)
レッド:だから余計に良いんだと思うんですけど。
所長:ただ、がなってるだけのパンクバンドって星の数ほどいたけど、やっぱり名を残したパンクバンドって違うんだよね。

(「You Can't Say Crap on the Radio」)
所長:この曲も名曲、最後にクラッシュ「Capital Radio」になる。
レッド:何で?
所長:わからん、けどそれはオマケとしてそこまで突っ走ってる。
レッド:他の曲より速いですよね、ドラムの手数も多い
所長:そう、それで「フ〜ウウ♪」ってさり気無くコーラスワークが巧みだったり(笑)
レッド:彼等さり気無いっすよね(笑)

(「Straw Dogs」)
所長:これは79年9月にそれまでのラフ・トレードからクリサスと契約して出したシングル。ドラムがビシビシ決まってて抑える部分と爆発する部分が繰り返される曲構成と泣きそうで切ないヴォーカルとバックヴォーカルの絡みとかたまんないよ。

レッド:このバンドは結局解散でしたっけ?
所長:このアルバムはチャートで最高9位まで行ったヒット作となったんだけど、この後彼らもやっぱりパンクから離れて行くんだよね、結局平凡で中途半端な曲が多くなってしまって83年に解散してしまう。その後再結成はするけどパンクって言うならこの2ndまでなのかな、パンクの真の熱気がパッケージされてるからね。



画像
よかったらクリックして下さい♪



ノーバディーズ・ヒーローズ(紙ジャケット仕様)
EMIミュージック・ジャパン
2007-01-24
スティッフ・リトル・フィンガーズ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おぉ!スティフリトルフィンガーズ!
アイルランドの雄!!
Nobody's Heroは一年ぐらい前に当バンドでもカバーした曲です。アイルランドにはいいバンドがたくさんいますね。
とある田舎バンド
2009/05/10 16:32
おそらく、アイルランドでトップのパンクバンドですよね。Nobody's Heroカバーやるなんてスゲー!!
所長
2009/05/14 22:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
Stiff Little Fingers/Nobody's Heroes 1977パンクロック研究所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる