ブラック・フラッグとブラック・サバスにかき回されたナックとベイ・シィティーローラーズ

ブラック・フラッグとブラック・サバスにかき回されたナックとベイ・シィティー・ローラーズみたいなもの・・・
これはニルバーナのカート・コバーンが自分のバンドについて言った言葉。

で、今日はそのブラック・フラッグです。

●BLACK FLAG/DAMAGED
画像


所長:大大大好きなバンド、ブラック・フラッグ!81年の1st。

レッド:おっし!シックス!パック!

所長:昔友人からこのアルバムを借りてタマゲタね。
レッド:無茶苦茶ですよね。
所長:無茶苦茶なんだけど、ポップ。
レッド:そう、それがすごいと思う。
所長:音が縦横無尽に動いてる、でポイントでポップ
レッド:はは、分かる分かる(笑)



(「RISE ABOVE」を聴く)

所長:まずこのギター普通じゃないよ(笑)
レッド:何かが始まるって感じ?

所長:そんで、ヘンリー・ロリンズの超LAパンクヴォーカルが入って来る(笑)
レッド:はは(笑)超LA
所長:超LAパンクじゃん!LAパンク以外何者でもない。
レッド:このしゃがれた声?
所長:LAだよこれは・・・


(「SPRAY PAINT」を聴く)

所長:何処へ行くんだよ、てな音楽(笑)
レッド:このギターも縦横無尽ですよね。
所長:ヘンリー・ロリンズはブラック・フラッグのライブに飛び入りでステージに上がって歌いメンバーになったらしいよ。
レッド:なんじゃそれ?



(「SIX PACK」を聴く)

所長:おー!!名曲シックス・パック
レッド:確かに名曲というか・・僕も好き。


(「TV PARTY」のイントロが流れ始める)

所長:おー!!史上最強のパンク・パーティーソング
レッド:この曲だけ別物ですよね。
所長:これは天才だよ。
レッド:このアルバムの中にこの曲を入れてくるとは・・
所長:あっそうそう皆さんブラック・フラッグを聴く時はこのアルバムからにして下さいね。他のアルバムはスポークン・ワードとかインストのとかあるので。まずはこれから。沢山アルバムあるので間違わないように。
レッド:僕も意味不明なアルバム買ってしまった・・・

画像
よかったらクリックして下さい♪



Damaged




Damaged

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

サーキー
2006年04月25日 21:23
どうも、お久しぶりです!ここのブログを参考にして、少しですがパンクに詳しくなりましたwカーペッツやディッキーズなど購入してぶっ飛びました!今日はブラックフラッグですか!このバンドよく耳にしますけど、どのアルバム買えばいいのか分からなくてスルーしてたんですよ(^_^;)ファーストがいいんですね!早速探してみます!
2006年04月28日 13:07
サーキーさんこんにちは。
カーペッツ、ディッキーズぶっ飛んでもらって良かったです(笑)
このブラック・フラッグはハード・コアですが、初期パンクのからの流れがみられるので、きっとぶっ飛んでくれると思います。初期の音源だったら入りやすいのでヘンリー・ロリンズ加入前の音源が入った「THE FIRST FOUR YEARS」もおすすめです。ロリンズでなくてもブラック・フラッグはブラック・フラッグ!違和感なく聴けますよ。
ママロック
2006年04月28日 14:02
私もとても好きです・・・が、
間違ってBIG BLACKを購入したことが(笑)。
所長さんの言うとおり、
このアルバムが私もオススメです★
2006年04月28日 17:46
ママロックさんお久しぶりです。
BIG BLACKですか(笑)
私も持っています、確かあのニルバーナのセカンドアルバムのプロデューサー、スティーブ・アルビニのバンドですよね。彼はものすごいパンクマニアだそうで・・・
結果的には良い間違い?

ブラック・フラッグはやっぱりこの1stですよね。
Iのために泣こう
2006年04月29日 21:38
おおー、来ましたね。Black Flag。
オレもBlack Flagは1stから入りました。
Rise AboveとRoom 13が好きです。
ライヴ盤も素晴らしかったです。
2nd以降はグランジっぽい音になっていますがギターの音がかっこよくなってるんでいつか集めたいですねー。
ちなみに、某マンガでは明らかにBlack FlagをモチーフにしたRoom 13っていうバンドが
出てますw
2006年04月29日 22:43
Iのために泣こうさんへ
Room 13が好きってかなり通ですね(笑)
この曲もどこに向かって行くか分からない曲ですよね。ギターがジンジン、ジギジギ鳴ってます、どうやってこんな曲が出来たのか理解不可能(笑)こんなに暴力的でウネリまくるギターを弾くグレッグ・ギンは最高のギタリストだと思います。
なんていうマンガですか?ブラック・フラッグをモチーフにするなんて・・・素晴らしい!
discotics
2006年05月22日 23:49
かなーりご無沙汰しております♪
覚えてないですかねw
Black Flagって」ハードコアなんかな?と思い遠ざけておりました。でもTシャツかっこいいなぁー、音聴かずして買えないよなぁ・・・とモジモジしておりました。所長さんお勧めなら聴いてみようと思います♪良い情報をありがとうございます。
2006年05月23日 21:59
discoticsさんお久しぶりです。もちろん覚えてますよ!サイトの方ちょくちょく見に行ってます。
ブラック・フラッグはハードコアです!ハードコアでもイギリスのと違って、もっとバイオレンスでポップなハードコアですね。特にこの1stは初期パンクの流れを感じさせてくれるアルバムなので入りやすいと思いますよ。
よかったらまたコメント下さい、待ってます。
鹿浜
2009年04月23日 04:16
昔々Ziggyの誰かがBlack FlagのTシャツ着てたのをふと思い出した
初期の頃とIN MY HEADの頃で180度ぐらい変わってるのが面白いですね

2009年04月24日 23:31
Black Flagって色々なミュージシャンに影響を与えてますね、まさかZiggyまで。
大好きなんですけど、後期の難解さにはちょっと付いて行けないんですよね。なぜあんなにも変わってしまったのか・・
鹿浜
2009年04月26日 13:29
確かに、FAMILY MANまでいくとちょっとついていけませんね。
インストゥルメンタル&スポークンワーズとか前衛的過ぎて何が何やら(^^;)
IN MY HEADがBlack Flag最高傑作アルバムだと個人的には思います。
聴いてて爽やかな気持ちになるような、UKハードコアみたいな疾走感とか勢いとかはないけど、まあそれだけBlack Flagならではの重苦しさみたいなのがあって、あれはあれで中毒性というか依存性があると思います。

2009年04月29日 00:48
スポークンワーズは私も何だかさっぱりです(笑)
インストの曲は何とか行けそう・・かな?
鹿浜
2009年04月30日 04:32
インストは許容範囲ですか!!あれが聴けるってのはかなりストライクゾーンが広いと思いますよ。
やっぱり、ロリンズ加入前と後で、かなり雰囲気が変わっちゃった気がしますね。
まあそれだけロリンズの影響力がすごかったってことは、他のメンバーから一目置かれてたりしてたんですかねえ。

それはさておき、JMって言う映画のキャストで、ヘンリーロリンズっていましたけどBlack Flagのヘンリーロリンズと同一人物ですか?
2009年05月01日 22:18
インスト好んでは聴きませんが、がんばれば・・って感じですかね(笑)
ギターのグレッグ・ギンがロリンズと出合って「これだ!」と良くも、悪くも閃いちゃったみたいですね。
すみません、JMって映画知らないです、ごめんなさい。
鹿浜
2009年05月02日 21:53
ウィリアム・ギブソン原作の近未来SFで、キアヌ・リーブス、ビートたけし、ICE-Tとかが出演してました。
けっこう前の映画です。
http://www.amazon.co.jp/JM-DVD-ロバート・ロンゴ/dp/B00005GDUU

2009年05月05日 01:36
さっきネットで確認しました、そういえばこんな映画ありましたね。しかもBlack Flagヘンリー・ロリンズ本人ですね驚きました。
鹿浜
2009年05月05日 18:46
ありがとうございます。長い間気になってたんで、所長のお墨付きでスッキリしました。
それにしても、ビートたけしとかICE-Tとかってえらく破天荒なキャスティングですね。
それならヘンリーロリンズが出ても不思議じゃないのかも知れませんね。



この記事へのトラックバック

  • 天才的なパンクバンド Descendents

    Excerpt: 所長:ディセンデンツ行きましょ。 Weblog: 1977パンクロック研究所 racked: 2006-07-17 03:30
  • ブラック・フラッグ

    Excerpt: こんばんわ~寒い日が続きますね、風邪などひいてないですか? 人の多い場所に行くときはマスクを忘れずに。 今日はみんなの大好きなブラック・フラッグ。 それでは、いってみよう!! Weblog: 1977パンクロック研究所 racked: 2009-02-07 01:01