1977パンクロック研究所

アクセスカウンタ

zoom RSS エルヴィス・プレスリーを検証 ≪第三回目≫

<<   作成日時 : 2005/07/12 00:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

動くエルヴィスをみたことあります?


本当にかっこいいんです。

オーラが出てて、しぐさや表情が全てスーパースターって感じ。

この写真はエドサリバンショーの時のもの。

エドから紹介されたエルヴィスはギターを抱え出てきます。この時ステージの光がまぶしい・・右手で光が眩しいみたいなジェスチャーをするんだけど。これ絶対眩しくないのにカッコイイポーズをしたいからやってるはず。

そんで、今から歌う曲の紹介するんだけどまじめな顔して紹介してる最中なぜか、白い歯を少し見せクールに微笑む。会場は黄色い声でキャー!


紹介が終わり右手を上に上げギターを弾くぜ!とポーズを決める。

が、まだ弾かないんだよ。期待させてまだ弾かないよみたいな。でも会場はそんな御茶目なエルヴィスにキャー!と大うけ。

そしてついにハウンドドックを歌う。


チョコチョコとギター弾くんだけど、ギターいらないじゃんと突っ込みたくなります。ギターはカッコイイから持ってきましたぐらいに弾きません。シド・ヴィシャスじゃん。


間奏部分、ドラムがドカッドカッドカッドカッてなるとこでは、もうハチャメチャというか計算された動きがすごすぎる。当時、腰の動き放送しなかったのもなんとなく分かる。


激しい動きしたと思ったら、なんかありました?ぐらいに無気力に足をくんで壁にもたれてるようなカッコして無表情

この無表情なポーズのとことか自分で考えたのかなぁ?あの時代にありえないよ。


今回で最終回となる「エルヴィス・プレスリーを検証」のまとめです。

@1977年にエルヴィスが死去し、ピストルズがアルバム「勝手にしやがれ」を発表。

AThe Clashがアルバム「ロンドンコーリング」でジャケをカバーし、ギターを破壊しているがじつは古いロックンロールが大好き。

B元祖シド・ヴィシャス

ということで1977パンクロック研究所はこれからもエルヴィス応援します。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
エルヴィス・プレスリーを検証 ≪第三回目≫  1977パンクロック研究所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる