1977パンクロック研究所

アクセスカウンタ

zoom RSS 女性パンクス スリッツ

<<   作成日時 : 2005/08/12 00:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
こんばんわ。今日は女性のバンドを紹介します。

●The Slits

所長(以下所):スリッツはライブ映像とか結構残ってるんだけどほんとヘタクソ。
レッド研究員(以下レ):このアルバム聴く限りでは下手とは思わないんですけど・・・
所:うん、このアルバムではね。
レ:レゲエが入ってますよね。
所:当時のパンクスはレゲエもよく聴いていたみたい。
レ:クラッシュもそうですよね。
所:うん。特にポールシムノンはレゲエ大好きらしい。当時ジャマイカの移民とかが通りを隔てて大音量でレゲエを流してた。それを聴いて労働者階級のパンクス達は育ったんだよ。
レ:ふーん。

所:ヴォーカルのアリ・アップがレゲエに熱中していたみたい。
レ:ふーん。

所:ジョンライドンの自伝によると、アリ・アップはセックスピストルズの大ファンで、ジョン・ライドン(当時ジョニー・ロットン)に入れ込んでいて、ドラムのパームオリーブは「フラワーズ・オブ・ロマンス」のドラムをやっていた。「フラワーズ・オブ・ロマンス」知ってる?
レ:いえ。
所:これがすごいバンドで、シド・ビシャスや後にPILに加入するキース・レビンとかいたんだよ。
レ:シド?
所:シド!
レ:シド・ビシャスバンドやってたんですか!
所:でもとてもバンドといえる代物じゃなかったみたい(笑)
レ:やっぱり(笑)
所:スリッツは77年のクラッシュの「白い暴動」ツアーに参加してる。だからホント初期からやってた。
レ:ふーん。

所:ジョン・ライドンもスリッツが大好きで、何が好きかってガシャーン、ガチャンっていう酷い騒音だから好きだって言ってた(笑)
レ:相当酷かったんですかね(笑)
所:このアルバムではそれがわからない。パンクなの?って感じがする。
レ:はい、さっきから聴いてますけどコメントにこまります(笑)
所:だよね(笑)
レ:はっきり言ってよくわかりません。
所:当時の貴重なバンドだと思ってよ。
レ:はぁ・・・
所:1977パンクロックロック的情報の一つとしてはアリ・アップはジョン・ライドンの妻の連れ子なんだよ。
レ:えー!!
所:あと他のロック的解釈では重要なポジションにいるみたい。
:ふーん。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
スリッツ、ポップ・グループ、クリエイション・レベル・・・このあたりのバンドは結構好きです。
この人たち、エイドリアン・シャーウッドがらみで、ニュー・エイジ・ステッパーズというユニットでも活動してましたよね。
音楽酒場的情報によると、アリ・アップは現在ジャマイカ在住で、メデューサという名前のトップ・ダンサーらしいですね。
カナ
2005/08/12 23:45
こんばんは。
ポップグループは私も好きですよ。
アリ・アップは今ダンサーなんですか!
ニュー・エイジ・ステッパーズ全然知りませんでした・・・
カナさんの情報量にはいつも驚きです。
これからもよろしくお願いします。

所長
2005/08/14 00:11

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
女性パンクス スリッツ 1977パンクロック研究所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる