1977パンクロック研究所

アクセスカウンタ

zoom RSS エルヴィス・コステロとピーター・バラカン

<<   作成日時 : 2006/05/10 01:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

コステロのライブはよく行きました・・・
太っちゃったけど・・・やっぱり上手いんですよ。


●ELVIS COSTELLO/MY AIM IS TRUE
画像




所長:コステロで〜す。

レッド:いいですね。

所長:天才と言うか・・秀才?

レッド:あー・・そうかも。

所長:パンクではないけど、あのシーンから出てきた人物。

レッド:はい。

所長:うまいんだよね。

レッド:そう思いますよ、職人だなと・・

所長:うん、職人だね。多分コステロは皆が好むポップ・ソングみたいなの作ろうと思えばできちゃうんじゃないかな?

レッド:そうですかね?




(「Alison」を聴きながら・・・)

所長:誰だっけな?ニック・ロウかな?に曲聴かせたら、「君はもっと単純な曲を聴く必要がある」と言われたんだって。

レッド:単純な・・・

所長:1曲の中に幾つもの曲を詰め込めすぎだって、分解すると3曲できちゃうから、もったいないって(笑)

レッド:はは(笑)

所長:いくらでも曲が出来ちゃうんだよ。

レッド:なんか笑える。

所長:この「ALISON」たまらない。

レッド:カラオケでも歌いますよね。



(「(The Angels Wanna Wear My) Red Shoes」を聴きながら・・・)

レッド:ミスチル(笑)

所長:似てる(笑)

レッド:そのもの・・・

所長:ミスチルの桜井シーソーゲームコステロのパロディをやって暫くはそのままコステロだった(笑)

レッド:あれパロディだったんですか?

所長:そうだよ、ラジオで聴いた時に誰?コステロ?と思った。それからミスチルが好きになった。



(「Watching The Detectives」を聴きながら・・・)

所長:これは俺の大好きな曲

レッド:よく聴いてますよね。

所長:もう17年は聴いてるけど飽きない。ギタードラム渋い!大好きな俺好みな音。
このズッチャ・ズッチャっていうギターと生々しいドカドカドカと鳴るドラムにヤラレル。

レッド:ヤラレル(笑)

所長:レッドにコステロの評価を聞くまでもないか・・

レッド:大ファンですよ!ピーター・バラカン思い出すけど(笑)

所長:渋谷公会堂に普通に横にいた(笑)

レッド:コステロのライブにピーター・バラカン現る(笑)

所長:ピーター・バラカンの好きなミュージシャンって俺と共通してるの多い。

レッド:うわっ!「俺はセンスある」みたいな言いい方、嫌だな〜
画像←よかったらクリックして下さい♪








My Aim is True
MY AIM IS TRUE

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
コステロ師匠のマイ・フェイバリット・ソングス・ベストテン!
今夜のBGM・・・ ELVIS COSTELLO / THIS YEARS MODEL ...続きを見る
音楽酒場
2006/05/10 04:05

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ニック・ロウの言葉、いい言葉だなあ(笑)。

曲がもったいないって・・・あのー、それでもあなたよりずっとたくさん仕事してると思いますけど。でもニック・ロウも最高だー!
カナ
2006/05/10 04:07
カナさんこんばんは。
確かニック・ロウだったと思います。
どちらにしても、ニック・ロウがパンクシーンに貢献したのは確かだと思います。だから・・

ニック・ロウは最高だー!
所長
2006/05/11 23:09
これは1STですが日本では2NDが先に発売されたんですね。これは79年になってからスティッフレーベルが日本でも発売されるようになってからだったと記憶してます。イアンデューリーとかダムドの1STもこの時だったから79年以前は輸入盤しかなかったんです。
当時から見れば今のほうがよっぽどいろいろ手に入れやすいでしょうね。
43
2006/10/20 21:36
時代は違いますが、私が高校1、2年の時は輸入盤のCDがあまりなくて、コステロを手に入れるのに苦労しました。
所長
2006/10/21 22:14

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
エルヴィス・コステロとピーター・バラカン 1977パンクロック研究所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる